LOCALISMO?

CONTACT

南米チリに住む日本人がおくる、チリのローカル情報マガジン

MENU

CHILE

縦長のチリを横断する交通手段は飛行機のみ。

首都サンチャゴにはメトロ・バス・タクシーと充実の交通網。

ビザ

3ヵ月以内の観光であればビザは不要。

入出国カード

税関申告

入出国カードは複写式になっていて、

出国時に回収されるので出国するまで保管しておくこと。

動植物などの持ち込みがないことを申請する必要がある。飛行機でカードが配られるので到着まで記入を済ませておこう。税関後に荷物をX線に通すが、その際に荷物を空けて確認を求められることがある。日本からもってきた食品やお菓子は、包装を開けて落ち着いて説明すれば、まずトラブルとなることはない。

アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意

◆ESTA(エスタ)

電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)で事前に渡航認証を取得しなければならなく要注意。

申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイトから行う。

TAXIをつかって市内へ向かう

空港タクシーでは、市内から主要ホテルやオフィスのあるLas Condes地区までは定額制で20,000~25,000チリペソ。

空港から市内までは渋滞していることは少なく、所要時間は約30分。

空港タクシーはぼったくりも少なく安心して利用できるので、交通手段としては一番オススメだ。

Transferをつかって市内へ向かう

移動代を安くおさえたい、という方には、Transfer(乗り合いタクシー)がある。

空港内にカウンターがあり、Transvip社かTransfer Delfos社で目的地を言って申し込める。

料金はタクシーの約4分の1で、空港からLas Condes地区までは6500チリペソ。

Busをつかって市内へ向かう

移動代をさらに安くおさえたい、という方には、バス(Bus)がある。バスはLos Heroes駅まで出ている。

 

Centropuerto: http://www.centropuerto.cl

Tur Bus: https://www.turbus.cl/turbus/opencms/03_Aeropuerto

TAXIのつかいかた

チリで人気のアプリ「Easy Taxi」をダウンロードしておくととっても便利。

流しのタクシーに乗るより、安全に利用でき、周辺にいるタクシーをすぐに捕まえることができる。

Taxiの初乗りは300チリペソからで、旧市街からLas Condes地区までは目安5000チリペソで移動できる。

タクシーはメータ料金だが、流しのタクシーの中にはメーターの回転が早くぼったくりに合うことも。

そういうときは、いくら文句を言っても結局1.5~2倍くらい多めに取られてしまうので、途中で降りるか、

運が悪かったと諦め、トラブルを避けるためにさっさと払おう。

レストランやホテルから移動するときにオススメは、電話で呼べるRadio Taxiだ。

現地在住者も安心して使っている会社は、Transporte Apoquindo。前もって電話して住所と時間を

指定しておけば、安全にタクシーを呼ぶことが出来る。

 

オススメアプリ①Easy Taxi

http://www.easytaxi.com/cl/

METROのつかいかた

旧市街とLas Condes地区間の移動は地下鉄も通っている。

赤いラインのLinea 1であれば、治安も良く比較的安心して利用することができる。

ただし、夜は22時くらいに最終となるので要注意。

乗り方は地下鉄のカウンターで切符かチャージ式カード(Bip)を買う。

Ticket(チケット)かTarjeta Bip(タルヘタビップ)、

必要な枚数を伝えれば買うことができる。

料金は区間に関係なく時間帯で一律約700チリペソ。

切符は自動改札に入れて、切符は出てこなく降りるときも必要ない。Bipはカードを改札にかざすとピッと音が鳴りバーが回転する。

観光で旧市街と新市街を行き来する場合には、チャージ式カードBipを買うと便利。

METRO DE SANTIAGO

http://www.metrosantiago.cl

Micro(バス)のつかいかた

市民の移動手段として最も使われているのがMicro。

BipカードでMicroも乗車可能。路線図はなく、Microの番号で行き先を判断する必要がある。

現地駐在員でも乗りこなすことは困難だが、治安も問題なく一番安く市内を移動できる手段。

行き先に応じて以下サイトでMicroの番号を調べることができる。

新幹線などの公共交通手段ははしっていない。

南北に走っているRUTE5という国道がチリ全土をわたる交通網になっているほか、

飛行機の国内線や長距離バスを利用する。

国内線フライト

チリ国内線は、ワンワールドに加盟しているLAN航空か、LCCのSky Airlineの2つだけ。

それぞれ以下のオフィシャルサイトから簡単に予約可能。格安サイトも多くあるが、オフィシャルサイトで予約するのが一番安い。

LAN航空は世界で唯一イースター島へのアクセスを持つ。

LAN航空 http://www.lan.com/en_us/sitio_personas/index.html

Sky Airline http://www.skyairline.cl/en/index.aspx

長距離バス

長距離バスは、飛行機よりも安く、チリ国内だけでなく

近隣ペルー、アルゼンチン、ブラジルにも直行バスも出ている。

ゆったりしたリクライニングシートもあり、夜行バスでもゆっくり寝ることができるので、

バックパッカーにはオススメ。

安心して使える大手バス会社は、Tur BusやPullman Bus。行き先やバス停、

料金については以下サイトで調べることができる。

 

Tur Bus https://www.turbus.cl/wtbus/indexCompra.jsf

Pullman Bus https://www.ventapasajes.cl/pullmanbus/?id=1443926120259

出入国

市内への移動

市内での移動

国内の移動